アートメイクとは?

女医今注目を集めているメイクの技法に「アートメイク」と呼ばれるものがあります。アートメイクとは、体に安全な色素をタトゥーのように針を使って皮膚の内部に入れて染める方法です。タトゥーと異なる点は、アートメイクでは皮膚の内部の表皮と呼ばれる浅い部分に色を入れるため、入れた色がタトゥーのように一生残るわけではありません。人によって異なりますが、数ヶ月から数年かけて色が薄くなっていき、早いところでは最初の施術から一年後にはカラーチェンジを行うこともできます。針を使うため痛そうと思われますが、施術ができるのは医師免許を持った者だけで、顔に麻酔ジェルやクリームを塗るので痛みを抑えることが可能です。

アートメイクが施される顔のパーツには、眉、アイライン、リップラインがあり、中でも眉とアイラインは人気です。色素は皮膚の中に入っているので洗顔料やメイク落としで洗っても落ちることはありません。これまで水や汗によるメイク崩れが気になっていたという人も、アートメイクをすることによってアイラインや眉の気になる崩れを防ぐことができます。施術時間は眉もアイラインも1回あたり1時間~2時間程度ですが、色の定着具合などを見るために2~3回に分けて施術をするところが多いようです。

参考HP【美容皮膚科シロノクリニック / 医療アートメイクとは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket